【10/16】検討すべき補助金は3選!

独断と偏見で3選びました!

目次

小規模事業者持続化補助金

通常は50万円まででしたがコロナで100万円まで枠が増えています。

また、通常は建て替えてあと支給の補助金ですが、こちら条件を満たせば先に支給されるとのことです。

最終締め切りが12/5なのでお早めにご検討ください。

代行サービスも多いためそちら利用するのも良いかと思います。

文化芸術活動の継続支援事業

文化庁の補助金です。

難易度は低いようですので対象事業の方はぜひご検討ください。

中小企業デジタル化応援隊

税別3,500円/時間にて中小企業へのIT導入の支援を行うという形で国が補助金を出してくれます。

例えば、クライアントとの取引にこれを適用させ、月10万契約を月20時間で時給5,000円という契約に変換すれば、内3,500円は補助金として補填されるため、クライアント負担は1,500円/時間となります。

詳細は説明会などにご参加いただければと思います。

この記事を書いた人

三村大輝のアバター 三村大輝 アドリーチ代表

2016年 埼玉大学 卒業
2016年 LIXIL 入社
2018年 未来 入社
2020年 AdReach 設立

コメント

コメントする

目次
閉じる