アンカーテキストって何?SEOとしての効果とは

目次

アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、WebページからWebページへ遷移先のURL(リンク)に使われるテキスト(文章)のことを意味します。
※アンカーテキストを略して、『アンテキ』と呼ばれることもあります。

例えば、『Webマーケティングの教科書』このように遷移先のURLが書かれているテキスト部分をアンカーテキストと呼びます。HTMLでマークアップする際には下記のように記載をします。

▼HTMLでマークアップされた記述例
<a href=”https://wmt.life/”>Webマーケティングの教科書</a>

アンカーテキストはユーザーがリンクをクリックするかどうかを判断するときのテキストなので、誰が見ても分かりやすい一目瞭然な言葉選びをすることが大切です。

アンカーテキストのSEOとしての効果

アンカーテキストはSEOとしても非常に重要なファクターの1つです。

Googleの検索エンジンは、ローラーと呼ばれるロボットを使い、世界中のWebページをデータベースに収集しインデックスしています。

その際に、ローラーはWebページからWebページへ『aタグ(アンカータグ)』を渡ってWebサイトを回遊していきます。
回遊しているローラーは、遷移先のページに書いてある内容を把握するためにアンカーテキストを活用するので、正しいアンカーテキストが使われていれば、正しくGoogleにコンテンツを理解してもらいやすいんです。

逆にアンカーテキストが遷移先のWebページと内容が一致していない場合、Googleに適切に評価をされない可能性が高まるため、SEO対策では正しいアンカーテキストの設置方法がとても重要になってきます。

アンカーテキストを設定するときの注意点

アンカーテキストを設定する際には、下記の2つを注意しましょう。

①遷移先のWebページの内容を簡潔にまとめる

例えば、遷移先のWebページの内容が、肉じゃがのレシピや手順を動画でまとめたものだとしたら『肉じゃがのレシピ動画』というアンカーリンクが考えられます。

必要以上に長くなりすぎて、ユーザーの利便性が悪いテキストは控えることを注意してください。

②必要以上にキーワードを詰め込みすぎない

SEO対策を意識するあまり、アンカーテキストにキーワードを詰め込みすぎるのは良くないのでやめましょう。

例えば、『【簡単!すぐに誰でもできる】肉じゃがのレシピ動画【女性 料理 片手間】』というような感じです。

あくまで簡潔にユーザーが遷移先のWebページの内容を理解できるようなテキストを心掛けましょう。

この記事を書いた人

 大学でマーケティングの講義を受け、Webマーケターになることを決意。
大学卒業後、通販化粧品の事業会社でWebマーケティング(主にAd広告,SEO,アフィリエイト)の業務に従事。

 その後Web広告代理店に転職し、大手旅行代理店や化粧品会社などのSEO,アフィリエイトのコンサルティング業務を行う。

コメント

コメントする

目次
閉じる