ハミングバードアップデートとは

目次

ハミングバードアップデートとは

ハミングバードアップデートとは、複雑な検索クエリに対して、そのキーワードの背景と文脈を理解してより関連性が高く的確なSERP(検索結果)を表示するようにできるためのGoogleのコアアルゴリズムのアップデートの1つです。

Googleが2013年9月に導入しました。

ハミングバードとは、ハチドリのことを意味します。
ハチドリは素早く動くという特徴を持つので、Googleが「早く!正確に!」を実現するためのアップデートのネーミングとして起用されたようです。

ハミングバードアップデートによる効果とは

ハミングバードアップデートによって、導入以前よりもユーザーが求めているニーズにマッチした情報が適切に表示されるようになりました。

導入以前は「渋谷区 焼肉屋」で検索をすると、単に検索クエリが含まれるWebページが表示されていました。

<例>「渋谷区にも展開している焼肉屋の店舗一覧」が上位表示されることがあった。

しかし、ハミングバードアップデートの導入後は、ユーザーが「渋谷区の近くの焼肉屋」を探しているとGoogleが判断できるようにアルゴリズムが進化し、検索ニーズに合った情報が優先的に上位表示されるよう改善したわけです。

この記事を書いた人

 大学でマーケティングの講義を受け、Webマーケターになることを決意。
大学卒業後、通販化粧品の事業会社でWebマーケティング(主にAd広告,SEO,アフィリエイト)の業務に従事。

 その後Web広告代理店に転職し、大手旅行代理店や化粧品会社などのSEO,アフィリエイトのコンサルティング業務を行う。

コメント

コメントする

目次
閉じる